実証終了
#ヘルスケア
幕張健康維持活動評価実証 by ドコモ
健康維持活動の評価実証
みなさんは普段「健康維持活動」をしていますか?

この実証活動は、普段住民の方々が意識的・無意識的に実施している健康を維持するための運動や食事、周りとの交流が、健康にどの程度寄与するのかを調べる研究活動です。ドコモではモバイル端末やその他ICTの技術を通じて、住民の方々のよりよい健康実現をめざします。
健康維持活動と社会保障費抑制効果との関連検証 2022年12月~
暮らしているだけで健康なまちづくり

携帯電話などのモバイルアプリケーションを介して、みなさまの健康維持活動(サークル参加や健康体操教室、カルチャースクールなど)と社会保障費に対する削減効果との関係性を調査する研究です。

■本調査研究の目的ならびに想定されるメリット

✓ 日頃の健康維持活動と社会保障費削減との関係が明らかになる
✓ それにより、国や自治体の医療費、および介護費の削減につながる
✓ さらには、「暮らしているだけで健康なまちづくり」の推進に役立つ

本調査研究は、NTTドコモが実施し、取得したデータの一部を国立大学法人 千葉大学の予防医学センターへ提供し、分析、統計解析を実施します。
本実証では以下4つのドメインを利用します。

1.ニーズ調査アンケート
日常の生活活動を把握するために、からだを動かすこと、食べること、毎日の生活、地域での活動、たすけあい、健康などに関する介護予防のためのニーズ調査アンケートを実施します。

2.サークル活動
打瀬公民館でのサークル活動参加者群で、当実証実験にご協力いただけるサークル参加者を募集します。 参加協力者には出欠データ提供をしていただきます。

3.通いの場
若葉地区のクロスポート(レンタルスタジオ)で通いの場を開催し、当実証実験にご協力いただける参加者を募集します。 同じく参加協力者には出欠データ提供をしていただきます。

4.健康マイレージ、フレイル推定AI
詳細はこちら
プロジェクト進捗
2024.03  
実証活動を終了しました。
2024.01  
2023年実施のニーズ調査参加者様を対象とした、2回目のニーズ調査を開始しました。
千葉大様のページはこちら
2023.12  
サークル活動、通いの場参加の出席情報の取得を終了しました。
2023.02  
ニーズ調査アンケートのインセンティブの送付が完了しました。
アンケート回答者様で謝礼が届いていない方は、上記の問い合わせ先までご連絡ください。
2023.01  
ニーズ調査アンケートの受付を終了しました。
2022.12  
実証活動を開始しました。
担当者
堀口 賞一
HORIGUCHI SHOICHI

クロステック開発部
株式会社NTTドコモ
松田 俊幸
MATSUDA TOSHIYUKI

クロステック開発部
株式会社NTTドコモ