安心して
#スマートシティ #災害 #次世代技術 #地域協創 #あんしん・安全
<交通×防災>「都市計画や防災計画に資する、「富岳」を活用したデジタルツインシミュレーション」の社会実装に向けた取組み
神戸市とNTTドコモ、理化学研究所計算科学研究センターは2023年1月17日(火)に発表済の「都市計画や防災計画に資する、「富岳」を活用したデジタルツインシミュレーション」の社会実装に向けた取組みを進めております。
2年目を迎えた今年度の進捗、得られた成果や今後の展望を阪神・淡路大震災の節目となる2024年1月17日(水)に発表します。
今年度の主な取組み
今年度は、主に『交通』『防災』をテーマに、災害時の混雑状況の可視化や帰宅困難者をはじめとする避難誘導に焦点をあて、近隣の都市で災害が発生した際に、徒歩での帰宅が困難となる帰宅困難者を安全に誘導・退避させることを主な目的とした、各種シミュレーションを行いました。
その結果、一部区域で勤務される方々の移動を一定時間制限することによる効果や、帰宅困難者に対する効率的な誘導方法がわかりました。
災害時のシミュレーション条件および結果
神戸市の近隣の都市での災害発生時に帰宅困難者が一斉に移動することを想定し、今回は歩道幅に着目しました。実際の歩道幅をデジタル上に作成し精緻な街を再現することで、これまでよりも精度の高いシミュレーションに基づいて議論・対策を練ることが可能となりました。

<シミュレーション実施条件>
  • 対象エリア:ポートアイランド他一部地域を除く神戸市中央区全域
  • 想定災害:神戸市近隣都市での地震発生

<シミュレーションにより得られた主な結果>
  1. 一斉に帰宅開始した際に混雑が発生し、群衆事故の可能性が高まる危険箇所は19箇所
  2. 旧居留地エリアにおける帰宅抑制により、1の危険箇所を約40%減少させることが可能
  3. 帰宅困難者を一時避難場所へ振り分ける際の東遊園地出入口の有効な組み合わせ
神戸市防災計画への反映
帰宅抑制によって危険箇所が削減できるという結果を広く周知するため、神戸市は広報動画を制作し、市内大型モニターや市の防災訓練などでの上映を通じて、帰宅困難者対策の重要性を市民や事業者に平時より分かりやすく伝えます。

また、神戸市の『帰宅困難者誘導マニュアル』で定める一時避難場所の東遊園地の入口出口設定に、上記結果の3を反映し、災害時の人々の混乱を抑えつつ円滑な誘導実現をめざします。
今後の展開
今回の取組み結果及び、結果を根拠に作成した動画をもとに、一斉帰宅抑制の意義や効果を市民や事業者に説明し、災害時の一斉帰宅抑制にご協力いただけるように働きかけます。

また、ドコモの保有するモバイル空間統計®︎の人口統計データと市の保有する行政データを掛け合わせ、「富岳」を用いて複雑且つ多数のシミュレーションを行える体制を整えます。加えて、防災分野だけでなく、都市計画等の他の分野においても価値ある取組みができないか検討し、今回の取組みのようにシミュレーション結果を防災計画に反映させるなど、具体的な施策への寄与を通じて、EBPM(証拠にもとづく政策立案)※1を実践していきます。

※1 EBPM(証拠にもとづく政策立案):「エビデンス・ベースト・ポリシー・メイキング」の略称で、政策の企画をその場限りのエピソードに頼るのではなく、政策目的を明確化したうえで合理的根拠(エビデンス)にもとづくものとすること。
関連する案件紹介
<交通>公共交通のデジタル化人流・交通データの活用